banner

有名ブランドの財布

有名ブランドの財布をゲット


海外のファッションブランドというと、バッグなどでもおなじみのルイヴィトンを挙げることができます。あまり流行り廃りもないので、自分が購入したものを大切に使い、子どもや孫に受け継ぐ人もいます。
ルイヴィトンというと、モノグラムやダミエ、タイガやエピが有名です。オーソドックスなモノグラムやダミエに対して、エピは色鮮やか、タイガは大人の男性の落ち着いた雰囲気を出します。ヴィトンの財布は、長財布や折りたたみのもの、また、小銭を入れる部分がファスナー式やボタン式などさまざまです。また、コインケースなどもあります。通常、財布は5~8万円くらいの価格帯です。
バーバリーは、バーバリーロンドンのものや、日本のバーバリーではバーバリーブルーレーベルやブラックレーベルなどがあります。洋服のほか、バッグや財布も出しています。日本のものはカジュアル系ですが、セールなどをやらないため、オークションなどでも値段があまり下がりません。ただ、御殿場のアウトレットには出店しているので、1~2年前のものでよければ、少し安く購入できます。バーバリーらしいチェック柄もあれば、無地生地もあります。
お手ごろ価格のブランドとしては、アメリカのブランド、コーチを挙げることができます。コーチは、ロゴバッグが有名ですが、無地のものも多く出ています。直営店では、ある程度の値段がついていますが、外国の免税店や現地店舗で購入するとかなり安くなります。また、インターネット販売もありますが、偽物も多く、あまりおススメできません。財布も1~2万円程度で、ほかのブランドよりもお求めやすい価格です。
グッチも、ロゴが印象的ですが、仕事のできる人が使うようなイメージがあります。ロゴの財布は少しキザ、無地でも隅にマークが施されていて、知る人ぞ知る良質のものです。
フェラガモはネクタイや靴が有名ですが、財布や小物も出しています。柄やデザインも独特です。
また、女子高生に人気のサマンサはタバサやベガがあります。ヴィトンなどを使うにはまだ早いけれど、かわいらしいデザインでカラフルなものを使いたいという女の子たちが選びます。値段も1万5千円くらいから2万円の価格帯なので、わりと購入しやすいのです。
お財布は毎日使い、持ち歩く機会も多いので、自分の好きなものを選ぶとよいでしょう。革財布など、質のよいものは、なんといっても長持ちします。じっくり選んで、大切に使っていきましょう。

Copyright(c)2014 長財布のブランドについて All Rights Reserved.